その他

酔っ払って転んだ父の足の骨にヒビが入った話

骨にヒビが入ったイメージ画像

つい先日、父が外で飲んでいるときに、転んで怪我をしました。

外傷はかすり傷程度で、特に腫れもなかったです。

ただ、痛みが引かずうまく歩けないため、翌日病院に行くことになりました。

 

いざ病院でCTを撮ってみると、なんと結構ひどいヒビが入っていたんです。

一見たいしたことないように見えても、病院で調べてみることって大切なことだと思いました。なので、そのときのことをまとめたいと思います。

当時の状況

  • 父はそれなりに飲んでいて、酔っていた。
  • ちょうど実家に住む家族が父を迎えに行くところだった。
  • 家族と会った直後に転んだため、転んでからもすぐに家に帰れた。

結構盛大に転んだようで、かすり傷はあっちこっちにありました。

ただ腫れがないため、本人も家族も痛みの原因は捻挫だろうと思ったそうです。

しかし痛すぎて動かせないため、病院に行ってみることにしました。

 

 

私は普段一人暮らしをしているので、父とは別居しています。
でも心配だったので、実感帰って家族と一緒に病院に行ったんです。

診察→CTを撮ってみたらヒビが入っていた

診察の様子はこんな感じでした。

 

先生
先生
どうされました?

 

父
転んで…痛くてうまく動かせないんです

 

先生
先生
 腫れはないから捻挫だと思うけど…そのレベルの痛みはおかしいからレントゲンとCT撮りましょう

 

するとびっくり!なんと盛大にヒビが入っていたんです。

ヒビも骨折の一種とは知っていたため、骨折なら当然腫れるものだと思っていました。でも見た目はなんともなかったため、父も私もびっくりしました。

というか、先生も驚いていましたね。先生も初めは捻挫だと思ってたくらいですから。

 

先生
先生
こりゃ痛いはずですよ。結構派手にヒビが入ってるので、もう一回転んだら完全に折れちゃうと思う 

 

ヒビが入ったのは足の付け根に近い部分です。全治1ヶ月で、歩いたら悪化しかねないので、2週間はなるべく歩かないように言われています。

会社からは治るまで休みをもらえたそうなので、今は家でゆっくり休養中です。

 

 

お医者さんによると、「今回は映ったけど、CTやレントゲンに映らないヒビだってある」んだそうです。

また、転んだときに怖いのは頭の怪我。今回父は足だけでしたが、頭を打ったという自覚があるなら頭の検査もしてもらっているとのことでした。

意外と怖い「転倒」

父の場合はもう60才なので年齢もあるかもしれませんが、「転ぶ」というのは意外と怖いことだ、と感じました。

かすり傷などの外傷は見えても、体の内部の怪我は目に見えないこともあるんですね。きっと大丈夫と放置するのではなく、異変に気付いたらすぐに医者にかかるようにしたいです。

 

父は酔っていて転んだので、私だって他人事じゃないんですよね。私もお酒が好きで酔っ払うことはよくあるので(笑)気をつけようと思います!

それでは今日はこの辺りで。おしまい。