映画、ドラマ

「サバイバルファミリー」を見た感想。スマホが使えなくなったら、どうする?

映画「サバイバルファミリー」を見ました。

 

突然電気が使えなくなった世界。スマホもパソコンも使えない、電車も車も走らない。水道局が機能停止し、水道すら使えない。

 

そんな世界で、あなたならどうやって生きていきますか?

映画「サバイバルファミリー」

f:id:momoyo-haraguchi:20180417024305j:plain
鈴木家は、父・義之(小日向文世)、母・光恵(深津絵里)、息子の賢司(泉澤祐希)、娘の結衣(葵わかな)の4人家族。ある朝、目を覚ますと突然全ての電化製品が停止しており、鈴木家だけでなく近所中で同じことが起きていた。さらに電車も車もガスも水道も止まってしまい、家族全員途方に暮れる。そこで義之は、東京から出ようと決断し……。
引用元:映画『サバイバルファミリー』 – シネマトゥデイ

現代社会で当たり前のように暮らしている私たちが、突然電気を失ったらどうなるか。想像したことはあるでしょうか?

 

この映画の舞台は現代の日本。劇中では、ある日突然世界中から電気が消えてしまいます。

 

スマホもテレビも何も使えない世界。電車は走らないし、なぜかバッテリーもイかれて車も動かない。

 

電気が止まったために水道局は機能停止。交通機関の停止で物流は滞り、店から食べ物も飲み水も消えていきます。

 

いつまでたっても復旧はせず、すぐに食糧難になって人々は混乱に陥りました。

 

ネットもテレビもラジオも使えず、よその情報が入ってこない。だからどこにいけば電気が使えるのか、食糧があるのかわからない。

 

でも、このまま東京にいては餓死してしまう。

 

そんなとき、東京で暮らす鈴木家は「田舎への疎開」を思いつきます。

 

目指す先は、母・光恵の実家がある鹿児島

 

「とりあえず田舎に帰れば食べ物はなんとかなるかもしれない」ということで、一家は自転車に乗って東京を飛び出すのでした。

当たり前になっている「便利さ」に気付ける


f:id:momoyo-haraguchi:20180417030154j:plain:w500
みなさんは今、何を使ってこのブログを見ていますか?スマホですか?パソコンですか?タブレットかもしれないですね。

 

私はパソコンを使ってブログを書いています。こうやって文章を起こすことさえ、電気を使って行ってるんですよね。もう当たり前のことすぎて、便利と感じることすらなくなっていました。

 

ストーリーの中心になる「鈴木家」は、自転車で東京から九州に向かいます。それだけでもすごいことなのに、その過程で生きる術を身につけていきます。

 

子供二人は現代を生きる学生だっただけあって、スマホやパソコンに依存している生活をしていました。そのため、原始的な生活に初めは抵抗を見せます。

 

自転車の移動は疲れるし、食べ物もない。そのおかげで、道中は家族でぶつかり合う様子も見られました。でもひとつひとつ困難を乗り越えるたび、家族の仲が深まっていくんです。


f:id:momoyo-haraguchi:20180417222835j:plain
電気がなくなってしばらくして、世界の人々は電気を使わない生活を始めました。電気がなきゃ天気も調べられないけど、大昔は天気予報なんかなかったんですよね。

 

劇中じゃ電池もダメなので、目覚まし時計すら使えません。でも、昔はそんなものすらなかったはず。陽が昇れば自然にみんな起き出していたはずです。私は目覚ましがないと決まった時間に起きられない…。

 

この作品を見ていると、当たり前の大切さに気付きます。

 

私たちが当たり前に使っているものは実は当たり前じゃない。当たり前だからこそ大事にしていきたい。そんなことを感じさせてくれる映画でした。

サバイバルファミリーはここで見られる

映画「サバイバルファミリー」はU-NEXTで配信中です。

 

現在無料トライアル実施中なので、期間内なら無料で見ることができちゃいますよ!


f:id:momoyo-haraguchi:20180417031205j:plain:w600
配信されている作品は、なんと11万本以上。無料トライアル登録時にもらえるポイントを使えば、「君の名は。」「シン・ゴジラ」などの話題作だって見れちゃいます。




無料期間中の解約も可能なので、ぜひ試してみてください(^^)

 

それでは今日はこのあたりで。おしまい!