学習

2級ボイラー技士受験記。過去問を制するべし。

2級ボイラー技士を受験したことがあります。無事に試験には合格、免状も持っているので当時のことをまとめてみます。

2級ボイラー技士とったよ

何年か前に2級ボイラー技士をとりました。

 

f:id:momoyo-haraguchi:20180310201359j:plain:w500
 

私の免状です。いろんな資格と同じカードになってるから、ぱっと見だとボイラーの免許に見えないんですよね。でも立派な国家資格なんですよ。

 

何の役にも立ってないけどちゃっかり持ってます。その名の通り、ボイラーのお仕事をするために必要な資格です。これがあれば、某夢の国のウエ○タンリバー鉄道でメンテナンスキャストになれたりします。

 

ちなみに2級のほかにも、1級や特級があります。上に行くほど当然むずかしい。

 

勉強法

使ったテキストはこれ。2級ボイラー技師教本です。


f:id:momoyo-haraguchi:20180310211231j:plain

定番というか、やっぱり日本ボイラ協会が作ってるテキストだからか、これさえ信じりゃ大丈夫だろ!と思ってます。日本ボイラ協会のHPから買えます。

 

ただこれ、言葉が硬くてとっつきにくいので、オーム社のテキストと併用していました。

 

 

2級ボイラーについては過去問周回が一番いいと思います。乙4受験記のときも同じこと言ったんですけど、テキスト真面目に読んでボイラーのしくみを覚えようとすると時間ばっかり過ぎていきます。

ももよ
ももよ
ロトーエンカン?水管?カンリュー?水面計?なんで重油にAとかBとかCとかあるの?

って感じでした。聞いたことがない単語がたくさん出てくるんです。

だからとっとと過去問といた方がいいと思います。

 

 

2級ボイラー試験は基本的に過去問と同じような問題が出ます。だから難解なテキストを理解するまで読むのではなく、過去問を周回したほうがベター。

 

初めはわからなくて当然なので、問題を一通り読んだら解答例を見てしまいましょう。

 

特に法令ですね!ボイラー及び圧力容器安全規則、労働安全衛生法・・・法令の本だけで235ページあるので、全部覚えるなんて無理です。


f:id:momoyo-haraguchi:20180310212120j:plain:w500
流石に回答番号とか、正解なのか誤りなのかとか、細かいところは変えてくるので、間違っても回答の番号を覚えたりしないようにしましょう。

実技講習は試験前に受けると勉強になる

2級ボイラーの免許申請には、3日間の実技講習の受講が必要です。

 

もちろん私も受けましたよ!講習受けないと、試験に合格しても免許証がもらえませんから。

 

講習1日目、2日目は座学です。確か、朝8時から17時までびっちりだったと思う。ひたすら長くて眠くて辛かった覚えがあります。

 

でも3日目は実技、講師の方が本物のボイラー(小型)をトラックに積んで持ってきてくれました。

そこで初めてボイラーを触って、水面計の試験のやり方を教わりました。ここで覚えたことはそのまま試験に活かせると思うので、講習を受けるなら試験前がいいと思います。

 

もちろん、日程が合わないなら試験後に受けるのでもOKです。2級ボイラーの受験自体には必要ありません。

無事に一発合格しました

こんな感じで勉強して、私は無事に一発で合格できました。次は2種電気工事士がほしいのですが、ほしいな〜と思ったまま何年も経ちます。テキストはあるんですけどね。

 

ボイラーの勉強自体はとても面白かったので、1級ボイラーもほしいところですが、実務経験がないので免許申請できず。

 

試験自体は実務経験なくても受けられるみたいだけど、免許申請ができないんだよね…たぶん受けないと思います(笑)

 

2級ボイラーは独学でも十分いけると思うので、気になる方はぜひチャレンジしてみてくださいね。