“好き”の生き方

元女性自衛官の雑記になっちゃったブログ

高校時代にやってよかったアルバイト5選。どれも楽しかったよ

華のJK時代、私は狂ったように働くアルバイターでした。おかげさまで勉強なんて殆どしませんでしたが、あれはあれで楽しかったので良かったのかなあと思っています。


もうすぐ4月!進学を機にバイトを始める人もいるでしょう。私が働いてよかった!と思うバイト先をまとめてみます。

某Mがつくファストフード店

私の初めてのアルバイトは某Mの店です。人見知りをこじらせていた私は、厨房スタッフになりました。接客はせず、ポテト揚げたりハンバーガー作ったり。


シフトが固定ではなく、事前に1週間分の希望スケジュールを社員に提出して、それを元にシフトを組んでもらう、というシステムでした。だからテスト前や部活で忙しい時期は助かりましたね。


ただ私、テスト勉強なんかしなかったし、部活も家庭科部だったから普段はそんなに忙しくなく。ほぼ週6、土日は7時間フルで入るような働き方をしていました。


高校生が多くて、高校の延長みたいで楽しかったです。当時の友達とは今でも時々連絡取ってます。


マックで働いたのは約半年。環境は悪くなかったけど、時給がちょっと引っかかってたので、その後転職しました。


ちなみに私はダブルチーズバーガーがすきです。



某チキン屋

「道頓堀に投げられた某メガネのおじさんの人形」がトレードマークの某チキン屋さんです。こちらは高1の秋から約2年間続け、3年の就活時期に辞めました。


人見知りだったけど、勇気を出して接客を希望してみた!そしたら無事に接客をやらせてもらえるように。初めは緊張して使い物にならなかったけど、慣れてくると楽しくなって、ほかの店員さんたちとも仲良くなった。


あそこで働いてると、チキンの部位に詳しくなります。なので友達や会社の上司に部位の説明を今でも求められる。


そしてクリスマスの予定=バイトにできる。人手不足なので、休もうとすると気まずくなると思う。お店にはみんないるから寂しくなかった。クリスマスのみんなの結束ったらないよ。


結構売上のある店だったので、クリスマス時期は駐車場に警備員が配備されたり、予約されてないお客様がすごく並んでたり、信じられない量のチキンがどんどん揚げられていたり。なんか色々と大変でしたが、でも楽しかったです。


骨が苦手なので、クリスピーが好きです。


スーパーのレジ打ち

自衛隊の入隊が決まってからまたバイトをはじめました。普通のスーパーじゃなくて、百貨店に入ってる少し高級っぽいスーパーで働いていました。成城○井や紀ノ○屋のイメージです。客層がよかったので、FF店のときよりはストレスを感じずに働けました。


百貨店に入ってる店舗なだけあって、百貨店の研修もしっかり受けなきゃいけなかった。時給はすごくよくて、高校生なのに950円くらいで破格でしたね。年末年始は1000円超えてたし、客層よくて最高でした。


デパ地下なのでいろんなお惣菜屋さんやスイーツ屋さんが入っていて、閉店後に余った商品をみんなで交換して持ち帰ったり。私はよくお弁当屋さんでおにぎりとかお赤飯をもらって帰っていたので、夕食代が浮いて助かっていました。


あと、なぜか自衛隊オタクの社員さんがいた。


陸海空全部好きで、全国各地のイベントに行くような人だった。あんな条件が良い店で面接通ったのは、この人のおかげなんじゃないかと思う。


4ヶ月ぐらいしか働かなかったけど、ものすごい可愛がってもらいました。辞めるときに頂いた入隊祝いの自衛隊グッズは今でも大切にしています。チーフ元気〜〜???!

クリスマス時期のケーキ屋さん

上に書いたスーパーでアルバイトしつつ、クリスマス時期だけ、短期でケーキ屋さんでも働きました。期間としては1週間くらいかな。

1、2年生の時のクリスマスはチキン屋さんでチキン売ってたので、忙しいのには慣れてるつもりでしたが、まさかクリスマスのケーキ屋があそこまで混むとは思ってませんでした。

そりゃそうよね、クリスマスケーキがあるもんね。イベント時期ってすごい。でもクリスマスにホールケーキを丸々ひとつ頂けたのでよかったです。

私が働いたお店は、社員もアルバイトも女性しかいませんでした。その後男だらけの自衛隊に就職したので、なんかギャップがすごかった。


神社の巫女さん

自衛隊入隊前のお正月(というか1月中)だけやってました。この時期もスーパーのバイトは継続していたので、合間を縫ってって感じです。


神主さんが「一人でも多くの学生に、神社での奉仕の経験をしてほしい」という方針を掲げていたので、応募した人はほぼ全員働けるようになっていたようです。


そこそこ大きな神社だったので、年始は人手不足なのもあったと思う。でも実際神社で働く機会なんてなかなかないので、いい勉強になりました。


私はお札を作ったり、ご祈願にいらした方の受付をしたりしていました。なのでお守りやおみくじの販売をしたことはありません。けど今後の人生でお札作ることなんてないだろうし、いい経験になりましたね。


「お金を稼ぐ」ということより「神社の仕事を経験できること」のほうがよっぽど価値があったような気がします。私は袴を履くのも初めてで、着付けで苦しめられたんですけどね(笑)着付けもちゃんと教えてくれるし、お参りの仕方も教えてくれる。


近くの神社で募集してたら是非応募してみてください。


高校生活も大事だよ!

高校時代しかできないこともあるので、高校生活も大事にしましょう。

私、勉強はてんでダメだったけど、

・部活動の部長(文化部だけど)
・学級委員(3年生のみ)

くらいはやりました。

部活がね、家庭科部のくせに


・県警の交通指導課と協力していた
(時々学校公欠してボランティア活動した)
・調理、裁縫の資格取得(必須)
・全国家庭科部連盟?みたいなので毎年合宿があった
・学校間交流に重きを置いていて、やたら他校に行って料理した
・近隣の小学生を招いて裁縫教室をしていた


と、「なんか私が予想してた家庭科部と違う」ってレベルで活動内容が豊富だった。警察なんて完全に家庭科部関係ないじゃん?????????


入部前は「お菓子作ってうふふあははするぐらいの楽な部活」だと思ってたんだけど、そんなことなかったんだよねえ。


部長になってからは忙しくて、おまけに学級委員にもなっちゃったので、あんまりバイトできない時期もあった。でも、楽しかったです。


私はちょっと働きすぎなところもあったかな。


高1のマックのころとかほとんど毎日お店にいたし、成績やばすぎて何回か先生に呼び出されたし。純粋に勉強が嫌いだったんですけどね(笑)


くれぐれも、学校や私生活とのバランスを考えて働くようにしてくださいね。


これからアルバイトをする方の参考になりますように!おしまい!