“好き”の生き方

元女性自衛官の雑記になっちゃったブログ

ナルコレプシーだけじゃないんです。知ってますか?過眠症のこと。

f:id:momoyo-haraguchi:20180215232140j:plain


過眠症にもいくつか種類があるって知っていますか?私は自分が病気になるまでひとつも知りませんでした。今回は、それぞれの過眠症の違いの説明をしてみようと思います。


はじめに

今回、記事作成にあたって、「睡眠障害のなぞを解く」を参考にさせていただいております。この本については過去記事にまとめていますので、そちらを参照してください。

www.zzz-momoyo.com

とてもこわい”過眠症”

そもそも過眠症とはなんなのか?

その名の通り、寝すぎてしまう病気です。夜中しっかり睡眠をとっているのに、日中睡魔に襲われることが多い。例えば、大切な会議のときに寝てしまったり、授業中起きていられず怒られることが増えたり。そんな症状があらわれたら、それは過眠症かもしれません。

ナルコレプシー

ブログタイトルにもあります通り、私の持病です。聞いたことありますか?まだそんなに知名度は高くない気がする。私も自分がなるまでは知りませんでした。

日中耐え難いほどの強烈な眠気に襲われ、眠るのが不適切な場面でも眠り込んでしまう睡眠発作、突然全身の力が抜けてしまう情動脱力発作、寝入りばなに幻覚を見る入眠時幻覚金縛り(睡眠麻痺)の4つの症状がみられます
出典元:睡眠障害のなぞを解く


「居眠り病」とも呼ばれているみたいです。


私の場合、薬を飲んでいないと夜中8時間寝ても眠くなります。デスクワークしてるときならまだしも、取引先の方やお客さんと商談してる途中でも寝たり。突然急激に眠くなって、知らないうちに寝ています。


でも、仮眠したり寝落ちしたりしたあとは、かなり爽快感があるんですよ。すごく頭がさえた感じがするのですが、これもナルコレプシーの特徴みたいです。


私は脱力発作は軽度なので、笑うとろれつが回らない程度です。でも症状が重い人だと、感情が高ぶった拍子に膝から崩れ落ちたりするそうです。脱力発作は軽いものの、入眠時の幻覚ははひどいので、夢と現実の区別がつかないことがしょっちゅうあります。


www.zzz-momoyo.com


ナルコレプシーはまだ根本的な治療方法は見つかっておらず、薬を飲んで生活していくことになります。薬を飲んで規則正しい生活をしていれば、症状はかなりマシになるそうです。


私も毎日処方薬(モディオダール)を飲んでいますが、実際だいぶマシになりました。日中寝てしまう回数は激減したと思います。薬もそうだけど、やっぱり規則正しい生活って大事みたい。仕事してると、毎日決まった時間に寝るってなかなか難しいんですけどね(´-ω-`)


ナルコレプシーについては、なるこ会さんのHPがかなりわかりやすかったです。


narukokai.or.jp

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

こちらはナルコレプシーよりも有名なのではないでしょうか。

睡眠時に気道が閉塞して「無呼吸」の状態になるため、浅い睡眠や中途覚醒を起こし、睡眠の質や深さが不十分であるために、日中の眠気を訴えます。
出典元:睡眠障害のなぞを解く


無呼吸のせいで夜に深い睡眠がきちんとできないため、日中眠気がでてきてしまうんですね。眠気は集中力低下や効率の低下へとつながります。


SASのリスクを大きく高めるのは、肥満だそうです。肥満だと口咽頭壁という部分に脂肪がたまりやすいため、軌道が狭くなって、睡眠時の呼吸に支障が出るんだそう。だからかな、生活習慣病関係の特番でよく見かける気がする。


ただ、肥満じゃないからって安心できません。日本人は骨格の関係上、肥満がないタイプのSASの割合が白人に比べて多いんだそうです。骨格なんてどうにもできない…。


また、そのほかにもうつとの関係がある、とも指摘されています。うつが睡眠の問題を引き起こすと考えられているみたい。


治療法はCPAPという方法。鼻から空気を送る機械を装着して眠り、気道の閉塞を防ぎます。


f:id:momoyo-haraguchi:20180215234748j:plain
出典元:睡眠障害のなぞを解く

うつ病に伴う過眠症

うつ病では睡眠や覚醒に問題がある場合が多く、日中眠気を訴えたり、眠って過ごしてしまったり、という仮眠の症例も多くみられます。
出典元:睡眠障害のなぞを解く


ストレスが多い日本の現代社会、うつ病がどれだけ怖いかよくわかりますね。。。突然急激な眠気に襲われるようになった場合、まずしばらく休養を取ったほうがいいかもしれません。もちろん病院は行った方がいいと思います。

特発性過眠症

過眠症状があるのに、前述の3つのうち、どの過眠症にも当てはまらない場合、特発性過眠症と診断されます。複数の病態が混在していると考えられ、原因の特定はできません。
出典元:睡眠障害のなぞを解く


つまり、原因がわからない過眠症のことを指します。ナルコレプシーと違って脱力発作もないそうです。


ナルコレプシーの場合(というか私の場合)、仮眠を取るとかなりスッキリします。1〜2時間の間は眠気を感じずに活動できます。けれど、特発性過眠症だと目覚めも悪く、仮眠後に目覚めたときの爽快感もないんだそう。


薬物療法はまだ確立していないようですが、ナルコレプシーと同じように精神刺激薬が処方されるそうです。

おかしいと思ったら病院へ

どれも自力で治る病気ではありません。けれど、治療をすればかなりマシになります。私は治療する前は日中寝てばかりでしたが、いまは薬を飲みながら生活しているおかげか、仕事中寝落ちすることは減りました。


もし日中異様な眠気に悩まされるようなら、それは過眠症かもしれません。少しでもおかしい、と思ったら病院にかかってくださいね。