“好き”の生き方

元女性自衛官の雑記になっちゃったブログ

未経験者だけど危険物取扱者乙4を独学で受験したよ。私がやった勉強法

f:id:momoyo-haraguchi:20180213202245j:plain

何年か前に危険物取扱者の乙種4類を受験して、合格しました。勉強は市販の問題集を使って、完全に独学で行いました。


取ったのはまだ自衛官だったとき。


当時の仕事内容としてはなくても良い資格だったのですが、将来何をしたくなるかわからないし、興味あったので取ってみました。仕事と関係ない資格だから自分でお金出して取りました。


独学で勉強しましたが、一発で合格できました。免状も持ってるのでまとめてみます。

乙4取った時の話する

乙4って?

試験の正式名称は危険物取扱者試験。国家資格です。

一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければいけません。
引用:危険物取扱者について|一般財団法人消防試験研究センター


上記の引用にある通り、危険物を取り扱う施設に必ず必要なのが危険物取扱者です。同じ危険物取扱者のなかにもいくつか種類があって、丙種、乙種1〜6類、甲種の8種類があり、種類によって取り扱える危険物が異なります。


私が取ったのはこの中の乙種4類です。


試験の問題数は35問で、法令15問、物理・化学10問、性質・消火が10問。全教科60%以上取れれば合格です。


ただし、1教科でもそれ以下だったら不合格。何かがずば抜けてよければいい、というわけではないんですね。


合格率は30%以下だそうで、意外と低いみたい。


隠しまくりですけど、一応私の免状を載せておきます。写真が気に食わない…早く書き換えたい…。


f:id:momoyo-haraguchi:20180213193544j:plain:w500

勉強法

完全に独学です。


勉強を始めたのは試験の1ヶ月前くらいでした。


試験を受けた時期は勤務体系が常日勤だったので、仕事が終わった後に勉強していました。平日は1日1時間くらい、休みの日に2〜3時間くらいかな。


それで無事に合格しました。合格率は低いけど、しっかり勉強すれば点数取れると思います。


使ったのはテキスト1冊と、問題集1冊、予想問題1冊。


テキストは1回一通り目を通して、その後すぐ問題集に取り掛かりました。テキストの内容を1回で理解するのはほぼ無理です。


ただ、理解するまで熟読したって時間かかって効率悪いだけです。私はすぐ問題集に取り掛かりました。



この青い本は私も実際に使用しました。解説もわかりやすかったです、ほとんどこれ一冊で勉強した感じですね。



問題集は周回します。


1周目はぜんぜんわからなかったので、すぐ答え見てました。


2周目は2回目なだけあって解ける問題がいくつかあるはずです。ただ、このときはまだわからない問題があっても大丈夫。答えを見てもわからないところはテキストに戻りましょう。


3周目以降もこれの繰り返し。回数を重ねていくうちにわかるようになってきます。やってるうちに出題傾向も掴めるようになるはず。


私の場合、何周しても躓く問題が出てきました。そういう問題は小さいメモ帳にメモして、ポケットに入れてました。暇な時に眺めて覚えられるように。


指定数量関係の計算問題も出ました。公式を全て暗記しなければ…というほどではなかったと思うのですが、計算も面倒だと思わずに練習しておいたほうがいいです。私の時は1問出ました。

予想問題は買わなくてもよかったかもしれない

予想問題も買った、と書きましたが、正直買わなくても良かったと思っています。


私は上記で紹介した問題集で勉強しましたが、やってるうちにほとんど解けるようになってしまって、「これでほんとうに十分だろうか…」と不安になってしまいました。


なので不安をなくすべくもう一冊予想問題を買ってしまったのですが、正直予想問題まではやる必要なかったと思ってます。買ってしまったので一応解いたものの、そんなに内容変わらないんですよ。


合格した時のハガキの写真はないのですが、私はこの勉強法で法令と物理・化学は100%、性質・消火は80%くらい(曖昧)取れました!その後、全然違う職業についてしまったので、仕事には活かせていません…。

出願はインターネットが便利だよ


f:id:momoyo-haraguchi:20180213201917p:plain:w500
出典元:一般財団法人消防試験研究センター


願書は消防署でもらえますが、インターネットでも申請ができます。私は願書もらいに行った後にインターネット申請ができることに気付きました。インターネットからならクレジットカードで申し込みができるので、結局ネット申し込みしてしまいました。せっかく消防署まで行ったのに、ただの散歩で終わった…。


乙種は3400円で受けられます。受かった後に免状の申請料がかかるので注意。

しっかりやれば受かる資格だと思う

私はまったく知識がない状態から独学で受験しましたが、無事に合格できました。合格率は低いけど、対策さえしっかりすれば受かる試験だと思います。これから受ける人の参考になれば幸いです。